2018年08月18日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

安倍首相、党大会で憲法9条への自衛隊明記に意欲「違憲論争に終止符を打とうではないか」

自民党大会に登壇した安倍晋三首相(Photo/松原 久)

25日、東京都内で自民党の党大会が行われ,自民党総裁として登壇した安倍晋三首相は、「結党以来の課題である憲法改正を取り組む時だ」と述べた上で、「(憲法9条に)自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打とうではないか」と述べた。

自民党は、22日に行われた憲法改正推進本部の全体会合で、9条への自衛隊の明記について、細田本部長に対応を一任した。9条2項を維持して自衛隊の保持を明記することを党の条文案にする方向だが、具体的な条文は党大会で示されなかった。