2018年09月22日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

日体大アメフト部や日大ラグビー部に風評被害

日大アメリカンフットボール部の反則タックル問題で、所属を勘違いした日体大アメフト部や日大のラグビー部に対して、SNS上で誹謗中傷が相次いでいる。大学名や競技の類似性が思わぬ二次被害を招いている形で、SNS利用者のリテラシーが問われている。
 
SNSが普及する以前、コミュニケーションツールとして利用されていたインターネット掲示板主流の時代から、こうしたネット上の風評被害は問題視されてきた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。