2018年08月18日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

韓国外直属日韓合意検証チーム 日韓合意交渉過程に疑義 河野外相反論の談話発表「合意変更しようとすれば、日韓関係がマネージ不能となる」

河野太郎外相(右)、康京和韓国外交部長官(左)(外務省HPより)

27日、河野太郎外務大臣は、同日、日本と韓国の間で交わされた、慰安問題に関する日韓合意の交渉過程を検証する、韓国外相直属の特別チームが、日韓合意に批判的な調査結果を公表したことを受けて、特別チームの主張に反論した上で、韓国政府に対し、日韓合意を「最終的かつ不可逆的」なものとして引き続き着実に実施するよう求める談話を発表した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。