2017年12月17日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

国連対北朝鮮制裁決議 安保理で全会一致採択 米国原案は中露への配慮で骨抜きに

日本時間12日午前、国連安全保障理事会は、北朝鮮への原油輸出量制限などを盛り込んだ新たな制裁決議を全会一致で採択した。

米国が提出した原案では、北朝鮮への原油輸出全面禁止となっていたが、上限を過去1年間の実績に設定するなど、大きく後退した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。