2020年02月28日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】年間自殺者が7年間で1万人減少

イメージ画像

 

2019年の自殺者数が10年連続で減少し、1万9,959人(前年比881人減)だったことが、厚労省の発表(速報値)で明らかになった。2万人を下回るのは1978年の統計開始以来初という。ただ、後になって死因が自殺と判明した数が確定値(3月公表)で盛り込まれるため、最終的に2万人を超す可能性がある。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。