2019年11月12日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】選手第一ではなくマネー至上主義のIOC

イメージ画像

2020年東京五輪のマラソン・競歩の開催地が、国際オリンピック委員会(IOC)の決定に従い札幌に変更となった。

 

大会組織委員会によると、開催費用は「どこが持ちますとは言えないが、北海道にご迷惑をかけないようにする」(森喜朗会長)とし、基本的に大会組織委員会が負担する見込みとなりそうだ。東京都が準備していた道路整備費などは大会後の都政に役立つものは都の負担に、札幌市の今後の道路補修費も同様に大会のみのために準備する費用を除けば市の負担となりそうだ。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。