2019年11月12日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】教諭による教諭いじめ、信じ難い内容のどこまでが真実なのか

イメージ画像

神戸市立東須磨小学校で4人の教諭が20代男性教諭に執拗ないじめを行っていた問題で、週刊誌が耳を疑うような続報を続けている。

 

問題の発覚は10月3日。被害教諭が、先輩教諭4人(30代男性3人、40代女性1人)から受けたハラスメントで精神的に不安定になり、療養中であることを仁王美貴校長(55)が保護者説明会で明らかにした。

 

その後の報道で、被害教諭は4人から他の女性職諭へ性的なメッセージを送るよう強要されたり、男性教諭の所有車をマウントされたり飲み物をこぼされたり、コピー用紙の芯で尻を叩かれてミミズ腫れができたり、羽交い絞めにされて激辛カレーを食べさせられたり……と、信じられない行為の数々が発覚。男性教諭は10月11日に兵庫県警に被害届を提出し、約50項目のいじめがあったと訴えている。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。