2019年10月18日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】気付かぬ間に優しい社会になっていませんか?

イメージ画像

 

1年や2年では意識しない変化が、10年や20年の単位で振り返るとかなり変化していると気付くことがある。20世紀の時代を振り返り、ここ20年程で想像しなかった良い意味での変化、優しい社会になったと実感することが多い。

 

例えば、昔は学歴や職歴で相手を判断する人が多かったが、現在は主夫という立場や男性の育児休暇が認められる時代である。一流企業に勤めるエリートよりも成功したユーチューバーがリスペクトされる時代である。昭和の時代に性同一性障害の人々が下手にカミングアウトすれば、どんな社会的制裁があるかも分からなかった。表面上は平静を装っても、本人の見えないところで後ろ指をさされた人もいるかもしれない。性格的に「ネクラ」「オタク」「ニート」とレッテルを貼られれば仲間外れとなっていた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。