2019年10月18日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】森田健作知事の無能さが露になった台風災害

パワハラめいた発言も少なくない森田知事

台風15号で被災した千葉県の森田健作知事(69)が批判されている。台風が直撃した9月9日未明から県は大規模停電が発生していたにも関わらず、災害対策本部を設置したのが10日午前9時。市町村との情報共有する防災システムが一部ダウンしたが、県が市町村に職員を派遣したのは12日夕方だった。

 

県民に対して何のメッセージも発しない知事への批判がこの時点からネット上で出始める。ところが、森田氏は10日に首都圏中央連絡自動車道建設促進県民会議の総会・県民大会に出席、11日に東京五輪CHIBA推進会議出席、12日に米国ウィスコンシン州知事の表敬訪問を受けるなど日常業務に終始。14日に東京電力パワーグリッド社長と面会した際に、初めて被災現場を視察した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。