2019年09月15日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】売国政治家・枝野氏の救い難い外相批判

 

※イメージ画像

立憲民主党の枝野幸男代表がラジオ番組で、韓国による軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄に関し、なぜか河野太郎外相に責任転嫁し辞任を要求したという。

 

枝野氏は「妥協の余地があったにも関わらず、河野外相の対応は韓国を追い込んだ。責任は大きい。外相を代えるしかない」などと批判。「相手のプライドを傷つけるようなやり方でやるのは、明らかに外交の失敗だ」と、韓国側の対応は問題視せずに、一方的に外相を難じた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。