2019年08月17日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】魔の三回生からまた問題議員…石崎徹議員のウラの顔

表情からは読み取れない石崎議員のウラの顔(本人公式サイトより)

武藤貴也、宮崎謙介、豊田真由子、中川俊直、中川郁子、橋本英教、田畑毅……2012年12月の総選挙で初当選し、その後数々の問題行動や発言で議席を失った自民党“魔の二回生”たち。2017年10月の総選挙で当選し三回生になった同期は、その後も問題行動を起こし続けている。

石崎徹衆議院議員(35)が元秘書に対し、「バカ」「死ね」などの暴言を繰り返した音声が7月17日、週刊新潮のウェブサイト上で公開された。元秘書は「殴る蹴るの暴行を加えられた」と警察に被害届を提出している。5月から何度も暴行されて腕に青あざができたとしている。また、7月25日発売の週刊文春では、27歳の外国人女性英会話講師が、レッスン中5万円で売春を持ちかけられ、その後もSNSで執拗に誘ってきたという記事が掲載された。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。