2019年10月19日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】吉本が世間に示した謝罪会見の成功例と失敗例

謝罪会見をする宮迫(左)、田村の両氏(宮迫氏ツイッター動画より)

吉本興業所属の芸人らの闇営業問題が、奇異な展開となっている。

7月20日、事の経緯を明らかにせず疑惑の渦中にいた宮迫博之(49)、田村亮(47)の両氏が記者会見した。報酬を得た上で、嘘を吐いていたことに対し、2人共「自分に全責任がある」と涙ながらに謝罪する一方、問題が発覚して2日後の6月8日、謝罪会見を開きたい旨を会社側に希望していたことが明らかになった。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。