2019年09月18日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】米朝首脳会談失敗の最大の責任者は首脳なのでは…

※イメージ画像

 
格差をなくし誰もが等しく幸せになる社会を目指そう――共産主義思想の原点は、そういった崇高な理念で始まったのではないかとお思う。
 
ところが、北朝鮮では、人民と呼ばれる民衆の誰一人として自由や平等を享受できず、密告や餓死に怯え暮らす毎日である。ただ一人、金正恩・朝鮮労働党委員長だけが我が世の春を謳歌していると言えなくもないが、同氏にしたところで独裁が崩されるのを戦々恐々とした思いで日々過ごし、心休まる瞬間などないのではなかろうか。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。