2019年03月19日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】日韓そろそろ限界?中学生にも広がる嫌韓

※イメージ画像

 
先日、知り合いの中学3年生の男子と最近のニュースについて話していると、「今クラスの全員が韓国に腹を立てている」と言う。中高生であれば、政治的なニュースよりもK-POPや韓流ドラマで親しみの方が強いのかと思っていたら、クラスにK-POPを好きな女の子が1人だけ、肩身の狭い思いをしているのだという。

その子への反発心を露わにする男の子に「政治と文化交流は全く別モノだから、K-POPへの差別は良くないよ」と諭すと、「でも、“原爆Tシャツ”着ていたBTSとかいうのもK-POPです」と反論された。さらには「東日本大震災でも喜んでいた」「放射能汚染されているといって根拠もなく水産物輸入を制限している」と、政治経済にも妙に詳しい。ぐうの音も出ない。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。