2019年09月22日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】悪質な犯罪を許さないカメラ社会の恩恵

※イメージ画像

 
警視庁は12月5日、渋谷センター街で10月28日のハロウィーン騒動に乗じて軽トラックを横転させた17-37歳の男15人のうち、4人を暴力行為等処罰法違反(共同器物損壊)の疑いで逮捕した。他の実行者も同容疑で書類送検する方針。
 
このニュースを聞いて、胸がすく思いだったのは私(記者)だけではないと思う。「混乱に乗じて騒げば無礼講だろう」、そんな罪悪感の無さが取り返しのつかない前科をもたらすことを多くの若者が悟ったのではないだろうか。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。