2018年08月16日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

都内公立学校、敷地境界ブロック塀「耐震化調査対象外のため実態把握していない」都が明らかに

都民ファーストの会・荒木千陽代表(写真中央)

現在開会中の都議会定例会において、大阪北部地震で問題となった学校の敷地境界壁耐震化について、東京都は、都内の公立学校では、敷地境界壁が耐震調査の対象外となっており、実態を把握していないことを明らかにした。

19日午後、東京都議会において代表質問が行われ、第一会派「都民ファーストの会」の荒木千陽代表は、18日に発生した大阪北部地震で高槻市の公立小学校プール脇に設置された、ブロック塀が倒壊し、巻き込まれた小学4年の女児が死亡した事故を受けて、都内公立校の境界壁の耐震調査の実施状況について質問した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。