2019年12月12日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

昭和12年学会第2回研究発表大会が盛会裏に開催

11月10日、昭和12年学会(会長・宮脇淳子氏)の第2回研究発表大会が東京都千代田区・ベルサール神保町で開催された。学会は昨年5月に宮脇会長他、藤岡信勝氏、倉山満氏の3名を理事として発足。支那事変(日中戦争)の始まった昭和12年に注目し、政治、経済、歴史、軍事、思想など分野を超えて学問を深めることを目的としている。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。