2019年11月12日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

参院埼玉補選 上田清司前県知事が圧勝、N国立花氏は首長選へ

27日に投開票が行われた参議院埼玉選挙区の補欠選挙は前埼玉県知事の上田清司氏(71)が106万票余りを獲得して当選した。対抗馬となったNHKから国民を守る党(N国)の立花孝志党首の得票をおよそ90万票上回る圧勝で、16年ぶりの国政復帰となる。

 

上田氏は衆議院議員を3期務めたあと、本年8月まで埼玉県知事を4期16年務めた。参議院議員としては今回が初当選。

立憲民主、国民民主両県連は「友情支援」という形で上田氏を自主的に支援、自民党も自主投票としつつ二階派を中心に一部が上田氏の支援に回った。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。