2019年03月19日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

ホンダ英での生産撤退 メイ政権に衝撃

ホンダの八郷隆弘社長は19日、都内で記者会見を行い、イギリス南部のスウィンドン工場での生産を2021年中に終了すると発表した。英国では3月29日の欧州連合(EU)からの離脱が「合意なき離脱」となる懸念が高まっており、ホンダの撤退発表は英メイ政権に大きな衝撃を与えた。
 
スウィンドン工場は1992年から生産を開始し、現在EUにおけるホンダ唯一の工場として「シビック」シリーズなどの年間約16万台を生産。これは英国内の自動車生産の約1割にあたる。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。