2019年11月20日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【今更聞けない皇室の基礎知識】 ―小和田さんのどこが悪いの― 村田春樹

前号では「小和田恒氏がどうして悪いの?」というチラシを保守系の集会で数千枚配ったところまで語った。
 
このチラシ数千枚への反論はなんと皆無であった。良心的保守系出版社T社のF社長はじめ四名が「我が意を得たり!ありがとう」と激励の電話を掛けてきてくれたが、他に反応は一切なかった。しかしいまだに保守業界では小和田氏の悪口が続いているようだ。先日も仲の良い活動仲間と飲んでいたら、彼が「雅子のオヤジ」と言うので驚愕した。保守愛国尊皇家であることを、自他共に認めるその仲間が、皇太子妃殿下のお名前(諱)を呼び捨てにし、さらに皇太子殿下の岳父をオヤジとは!戦前であれば不敬罪でこっぴどく処罰されたはずである。そこで私は平成二九年六月 「世論の会」の三輪和雄氏のご厚意で、サンケイプラザに於いて「平成の皇室を仰ぐ。保守派の人が絶対認めたくない、皇室の不都合な真実」と題してして講演をさせていただいた。以下はその講演の原稿である。
 
保守業界で高名なD大学のN名誉教授は語る。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。