2020年04月01日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【日本共産党の実態】  高まる日本共産党の脅威、青年内部で増加 安東幹(共産主義研究家)

 私は、「ともみ組」のメンバーです。「ともみ組」とは、稲田ともみ国会議員の政治活動を支えるための政治団体です。6000円の会費ですが、稲田朋美先生の会に妻も無料で参加できる場合があるとか、ともみ組の会員だけが参加できる国会内での勉強会があるとか、特典がたくさんあります。もちろん、寄付金控除も受けられます。

 11月20日(水)朝8時から、第一ホテルにて稲田朋美先生の勉強会が開催されました。私は出席しました。稲田朋美先生は、自民党内部では幹事長代行で、自民党のウェッブサイトでは三番目に紹介されていて「No.3」であること、いくつかの新聞では日本初の女性首相になるとすれば稲田朋美先生しかいないなどと紹介されていることなど話されました。憲法改正のために全国で熱弁をふるっているとのことです。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。