2020年04月01日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【なるほど納得政経塾】41号 「習近平国賓招待こそ、最悪の首相枠招待客である」 経済学博士 小山和伸(神奈川大学経済学部教授)

 アメリカ合衆国下院は、12月3日「ウイグル人権法案」を賛成104、反対1の圧倒的多数で可決した。これは、最近になって国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)によって、中国共産党の内部資料が公開されたことに、大きく影響されていると考えられる。同内部資料によれば、2017年6月、一週間で一万五千人超のウイグル人が「職業技能教育訓練センター」と称する強制収容施設に収監されている。収容所内では、入浴や用便も含めて24時間の監視体制が敷かれ、イスラム教徒が宗教上の理由で嫌悪する豚肉の食事を強要し、ウイグル語を禁止し、中国語で自己批判の文章を書かせるなどの虐待洗脳が行われていることが明らかとなった。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。