2019年10月18日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【なるほど納得政経塾】㊴ 「いよいよ消費増税だが」 神奈川大学経済学部教授   経済学博士 小山和伸

 10月1日から、いよいよ消費税率が8%から10%に引き上げられる。個人消費がGDPの約60%を占める成熟型の先進国では、消費の低迷は一国経済の命取りになる危険性を孕んでいる。今、消費増税に踏み込んでも大丈夫なのか。政府も経済への悪影響を懸念して、飲食料品の購入に軽減税率制度を設けて、8%に据え置く物品を指定している。しかしその効果はいかがなものであろうか。以下本稿では、アベノミクスの効果について評価し、消費増税の正否を診断してみることにしよう。

 アベノミクスの3本の矢は、以下のような政策を意味していた。第一に、大胆な金融政策、第二に機動的な財政政策、そして第三に民間投資を喚起する成長戦略である。第一の政策については、より具体的な政策として、2%のインフレ目標と無制限の量的緩和、さらに円高の是正が試みられた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。