2019年10月18日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【ペンは剣よりも危うし】 「天皇陛下のために死ねますか?」   三澤浩一(武客)

 こう問われたら、何と答えるだろうか。こういう問いをすると、2つの反応が表れる。僕の学生時代、いや、もっと前からあることだろうが、次のような拒絶的な反応があるはずだ。

 

 まずは「こんな重大なことを問うべきではない!」と叱られるだろう。キリスト教的にいえば「おまえはサタンか!」「サタンは去れ!」と怒られるはずだ。当たり前のことだろう。そう怒る方は、サタンの問いかけだと無視してもらいたい。ご無礼の段はお詫び申し上げる。

 

 つぎにあるのは「君はどうなんだ?」と問い返されることだろう。そこで、僕の答を述べる。自問自答だが、「天皇陛下のために死ねません!」と、僕は答える。僕の今の正直な気持ちだ。

 

 「天皇陛下のために死ねます!」と答える人もいるだろう。本当に死ねる人がいることは否定しない。そして何にもいわず、死ぬ人もいる。現実に僕の身近にもいた。沼山光洋さんだ。またもう一人、僕よりも年少だが、師と仰ぐ方がいるが、その方も死ねる士だと思う。我が国には、まだそういう士がいるはずだ。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。