2019年10月18日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【日本共産党の実態】  青年に誤った思想を教える日本共産党の変わらぬ体質(不破・志位パンフ学習を必修に)  安東幹(共産主義研究家)

  日本共産党のパンフレット『あなたの入党を心からよびかけます。激動の時代に歴史をつくる生き方を』(19ページ)には、「すべての人間の自由で全面的な発展」、「日本共産党は社会の発展の法則を明らかにした科学的社会主義を理論的基礎とする政党」、「社会の発展の法則」などのマルクス用語が並んでいる。日本共産党は、依然として、マルクス・レーニンの理論に固執していて、暴力革命路線に転換する可能性がある。同パンフレットには、「96年の歴史をもつ党-不屈のたたかいの到達点に立って」という章があり、「戦前、・・・、逮捕され、投獄され、命を落とした先輩たちも少なくありません」とある。そして、そのような生き方を「不屈にたたかいぬいた」と賛美している。革命のために命をささげる生き方を賛美する恐ろしい政党である。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。