2019年06月20日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【マリの喫茶室(31)】 ―グルメウサギー

ウサギのマリは、8歳7か月になるが、元気に走り回り、壁をかじり、よく食べる。ほほを膨らませて、もぐもぐ食べる姿は本当に愛らしい。
もういつ逝ってもおかしくない年だから、おいしいものを食べさせてあげたいと思う。でも、長生きしてほしいから、健康には気を付けている。以前、好きだからとバナナをあげ続けたら、1年間で0.1キログラム増えた。0.1キロなんて大したことなさそうだけれど、マリの体重は1.3キログラム、ということは1割も増えたことになる。50キロの人間なら、5キロ増えた計算になる。
というわけで、今はバナナはあげていない。昨年、子宮を取る手術をする前に、もしかしたら今生のお別れになるかもしれないと思い、前日にバナナをあげたっけ。
 
マリの常食は、ティモシー(ほし草)、ペレット(ドックフードみたいなもの)である。最近はウサギの餌もスーパーで売っているが、実はウサギは好き嫌いが激しい。ティモシーやペレットなら何でもいいわけではない、決まった銘柄のものしか食べない。また、鮮度も重視しているようで、袋あけたてはよく食べるけれど、日を追うごとに食いつきが悪くなる。なので、ペレットもティモシーもできるだけ小さい袋の物を買い、ちゃんと袋の口を止めて酸化を防ぐよう心掛けている。
草食なので、ティモシーは常に用意し、切らしてはいけない。それに、歯が伸び続けるので、歯を削るためにも固いティモシーを食べなければならない。色々なものをあげでも、毎日必ずティモシーしかない時間を作り、ティモシーを食べざるを得ない環境をつくらなければならない。
 
やはり、ティモシーは干し草なので、そうおいしいわけではないようだ。やはり生の物がおいしい。我が家では、朝晩、ニンジン、キャベツ、りんごをあげている。中でもお気に入りはキャベツである。歯ごたえも自然な甘さも丁度いいのかな。
ちなみに、ウサギはあまり水分が多い物は食べない。例えば、キャベツやセロリは好きだけど、レタスは食べない、リンゴ・いちご・バナナは好きだけど、みかんは食べない。
 
意外だったのはパセリ。毎週、スーパーの入り口にある花屋で植木鉢に入った150円のパセリを買うことにしているが、あっという間に食べてしまう。土に根をはっているだから鮮度はもちろん抜群である。
ただ、家ウサギだなと思うのは、パセリは食べても、植木鉢の土には全く興味を示さないことである。本来ウサギは穴をほってその中で暮らす動物である。だから土を掘り返す。
子どもの頃、庭で飼っていたウサギのマリットは庭中の土を掘り返していた。だから、庭はいつも穴だらけ、ウサギの糞だらけだった。半野生みたいなウサギだった。
 
マリットはその後、団地に引っ越し、ベランダ暮らしになったら冬の夜に凍死してしまったのだが・・
マリは野菜と果物が大好きだが、実は一番好きなのは、サプリである。マリを購入したウサギ専門店で勧められ赤ちゃんの頃から毎日欠かさず食べているのが、「うさぎの乳酸菌」と毛球症を予防する「アクティブE」というサプリである。
 
私自身サプリが好きなので、ウサギにもサプリをあげることに抵抗はない。高いけれど、予防は治療よりも低コストである。マリもサプリは大好きで、果物や野菜より先に食べるのがサプリである。サプリはいつも手から上げているのだが、マリの口が手にあたるとくすぐったく、カリカリという音が心地よい。そんなにおいしいのかな、食べてみようかなと思わなくもないが、まだ食べたことはない。
 
マリには、もっともっと長生きしてもらいたいので、これから購入しようと思っているのは「ウサギのちから」というサプリ。プラセンタとか入っているらしい。目ヤニがなくなったとか、寝たきりが治ったとか、色々実例が紹介されていたので、ついつい買ってみることに。効果はこうご期待。大好きなサプリと野菜、果物、運動で、マリにはいつまでも健康でいてほしい。
 

(野菜、果物、パセリを食べるマリ)