2018年08月18日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【概説・英訳】「史実を世界に発信する会」茂木弘道

国連人種差別撤廃委員会96セッション
第10回・第11回日本政府報告に関するNGOレポート
その1(概要)
人種差別に反対するNGO日本連合

 
 国連の第96回人種差別撤廃委員会(CERD)が、8月6日より開催されます。対日審査は16日、17日に行われます。「慰安婦の真実 国民運動」は、友好団体に呼びかけ、21団体で「人種差別に反対するNGO日本連合」を結成し、7件のNGOレポートを国連に提出しました。また対日審査に合わせて委員会に代表団を派遣し、報告書について発言することにしています。
 報告書(英文)は、すでに国連の Official Site に掲載されています。
 今回はその1、概要として、人種差別に反対する日本NGO連合のメンバー団体、7件のレポートの目次、レポートの序文をご案内します。
 
概要(日本文): http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CERD96.pdf
概要(英文):http://www.sdh-fact.com/CL/CERD96-Japan-JNCRD.pdf
 
 序文では、日本が1919年2月13日、ヴェルサイユで開催されたパリ講和会議の国際連盟規約を草案する委員会において、人種差別撤廃を盛り込む提案をしたことを述べています。ことしはそれから、100年を迎えようとしています。日本の提案の50年後の1969年にようやく国際人種差別撤廃条約が発効しました。
 日本は、人種差別撤廃運動のリーダーとして、またパイオニアとして、今後とも国際社会で大いなる貢献をしていくものと信じる、と序文を結んでいます。
 
平成30年8月2日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道
 
NGO Report to the Committee on the Elimination of Racial Discrimination
NGO Report in relation to the tenth to eleventh periodic reports of Japan
Series No.1 Outline
 
Submitted by Japan NGO Coalition against Racial Discrimination
 
The 96th session of the Committee on the Elimination of Racial Discrimination will be held this year beginning August 6. State Reports on Japan will be considered on the 16th and 17th. Japan NGO Coalition against Racial Discrimination, comprised of 21 NGOs, submitted a report composed of 7 items to the Committee. The report is uploaded at UN’s official web website: https://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/SessionDetails1.aspx?SessionID=1196&Lang=en
 
We will introduce the main contents of the report as a series. No. 1 is an Outline that
includes list of member NGOs, table of contents and preface.
 
Outline: URL:  http://www.sdh-fact.com/essay-article/1208/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/CERD96-Japan-JNCRD.pdf
 
Questions are welcome.
 
MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
Phone: 03-3519-4366
Fax: 03-3519-4367
Email moteki@sdh-fact.com
URL http://www.sdh-fact.com
Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.