2018年10月18日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

平成29年は左翼連合が挫折した年 小池百合子政局!! 民進ぶっちぎり   フリーライター・元文部科学大臣秘書官  鳥居徹夫

平成29年は左翼連合が挫折した年
小池百合子政局!! 民進ぶっちぎり
 
フリーライター・元文部科学大臣秘書官  鳥居徹夫

 

🔶モリカケも吹っ飛ぶ小池ワンマンショー 
 この1年、ニュースの主役は何といっても小池百合子都知事であった。
千代田区長選、都議選、衆議院総選挙と、小池知事が政局の中心であり、小池知事本人の浮沈も、まさしくジェットコースターそのもの。
国政ではモリカケ(森友・加計騒動)で、民進党など野党は安倍総理の個人攻撃に終始したが、何一つ立証できなかった。
前年(平成28年)の参議院選挙の一人区で進められた野党共闘の再現をめざす動きも頓挫した。
民進党が総選挙で公認候補を出さず、小池知事が代表を務める希望の党への合流を目指したため、共産党の出鼻をくじいた。
あるラジオ・パーソナリティは、取材は「永田町(国会)でなく西新宿(都庁、都議会)だよ」と苦笑する。ワイドショーで電波ジャックの小池ワンマンショー(ウーマンショー?)。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。