2017年11月19日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

「千仞の功を一箕に缼く」 村田春樹

「千仞の功を一箕に缼く」
村田春樹
 

「私」を連呼「おことば」について続ける。前号で「おことば」に象徴という言葉が八回も登場する、と指摘した。
象徴天皇のあり方を強調されたのである。象徴天皇のあるべき姿とは、三権分立も憲法も無視し、自分お一人の意志を押し通し、皇祖皇宗の大御心も無視して立法させうる、専制君主であるということなのであろう。更に読み直すと「私」という言葉が十二回、「自分」と「自ら」と合わせて十四回に及ぶ。
かつて皇太子殿下が、御会見で妃殿下のお名前を連呼し、さらに短い談話に、十回近くもお名前を書かれたことに驚愕し不安を感じたが、今回は不安を通り越して絶望した。天皇に私心無し、ではないのであろうか。
 
科学者はどう見るのか
 
昨年八月のおことばビデオを拝したあと、すぐに今上陛下の平成元年一月九日の朝見の儀の、あの威厳と緊張感に満ちた、正に龍顔を動画で拝してみた。
ビデオのご表情のあまりの激変ぶりに驚愕した。歳月人を待たずというが、それ以上にご病気や投薬が、陛下の心身に多大な影響を与えたのではないかと心配に堪えない。
そこで私は矢作直樹医学博士(元東大医学部教授)が、おことば一周年を期して上梓した「天皇の国 譲位に想う」(青林堂)を手にした。筆者は著名な科学者であり、医学者の目から見てこの事態をどう語るのかと期待して、繙いたのである。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。