2017年08月17日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

連載第15回 朝鮮新聞のライオン歯磨き宣伝に見る、日本が朝鮮語を否定しなかった証拠 野牧雅子(宮塚コリア研究所研究員)

連載第15回
朝鮮新聞のライオン歯磨き宣伝に見る、日本が朝鮮語を否定しなかった証拠
野牧雅子(宮塚コリア研究所研究員)

 平成二二年八月一二日、私は夫に付き添い、中国の吉林省延吉市にある、延辺大学の一室に行った。日本語を学ぶ学生たちが利用する部屋であると聞いた。そこには、日本が満州や朝鮮を統治していた時代の資料が書棚にあった。その中に多くの新聞の縮小版があったので、見せていただいた。写真は朝鮮新聞。吉林省延吉市は朝鮮族自治州の一部であり、もともと朝鮮族がすんでいた場所でもあるため、朝鮮新聞が読まれていたのであると思われる。
 
 私が興味を持ったのは、コマーシャルの欄であった。写真1は、ライオン歯磨きのコマーシャル。紙面をずいぶん使った宣伝である。判読が難しいところがあるのと、私の知的レベルが低く言葉の意味が分からないものがあるが、可能な範囲でライオン歯磨きの説明文を解読してみる。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。