2017年07月21日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

台湾人観光客を中国人扱いするマスコミ各社に在日台湾人団体が意見書―求められる日本の覚醒

台湾人観光客を中国人扱いするマスコミ各社に在日台湾人団体が意見書―求められる日本の覚醒

台湾研究フォーラム会長 永山英樹

 

(1)他人を騙し自らも欺く媚中メディアの実態

 

いかに中国から「台湾は中華人民共和国の領土の一部」(一つの中国)と承認せよと要求されても、日本を含む世界各国が承認しないでいるのは、それが事実ではないからだ。日本が敗戦でカイロ宣言に基づき、台湾を中国(当時は中華民国)に返還したことを、中国は領有権の法的根拠だと説明するが、日本は「返還」(割譲)などしていないのである(どこの国にも割譲せず放棄したのみ)。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。