2017年10月24日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

民進党・大西健介衆議院議員提出「国の行政機関(中央省庁及び出先機関等)の庁舎や関連施設における『ポケストップ』に関する質問主意書」及び政府答弁書

民進党・大西健介衆議院議員提出の「国の行政機関(中央省庁及び出先機関等)の庁舎や関連施設における『ポケストップ』に関する質問主意書」及び政府答弁書を、やまと新聞会員向けに公開する。

ポケストップとは、スマートフォン向けゲームアプリ、「ポケモンGO(ゴー)」内で、GPSと連動し、ゲーム進行に必要なアイテムを入手できる拠点で、先行してポケモンGOが公開されているアメリカでは、モンスター発生地点での待ち伏せ強盗や、ポケストップに立ち寄るため、立入禁止の場所に、ゲームユーザーが不法侵入するなど社会問題となっている。

image

 

政府答弁では、1日の時点で、海上保安庁が管理する施設の敷地内に2カ所、経済産業省本省庁舎敷地内に1カ所など、国の行政機関の庁舎や関連施設に計9カ所のポケストップが確認されていることを明らかにしている。

大西氏は、8日、政府答弁を受けて、自身のFacebook上で「海上保安庁なんて、関係者以外が入ってきたら困るので、そりゃ削除要求しないといけないでしょ」と発言している。

 

 

 

 

ポケモンGO 「ポケストップ」

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。