2018年06月22日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

河野洋平元衆院議長「朝鮮半島南北分断は日本の植民地政策が遠因 日本は北朝鮮に対し韓国と同等の謝罪・経済支援を」

13日、河野洋平元衆議院議長は、都内で講演し、朝鮮半島の南北分断は、日本による植民地政策が遠因であり、日本は、北朝鮮に対し、韓国に対して行ったものと同等の謝罪・経済支援をすべきとの考えを示した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。