2018年07月16日(月曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

『増えすぎた皇族を、ついに強制的に臣籍降下に』 村田春樹

『増えすぎた皇族を、ついに強制的に臣籍降下に』
村田春樹

 
前号で書いたように明治二二年制定の旧皇室典範では、永世皇族制が採用され、その後も皇族は増え続けた。当然のことながら国家財政を圧迫し続けたのである。こうしたなか、伊藤博文は畢生の事業として、永世皇族制の廃止に取り組んだのである。
 
ここで明治二四年に宮内省が作製した「皇族推定統計凡例」を見よう。
この時点で皇族数四五人である。
 
一〇年後試算五三人→二〇年後六三人
三〇年後八二人→四〇年後一〇〇人
五〇年後一二一人→六〇年後一四五人
七〇年後一七三人→八〇年後二〇〇人
九〇年後二四〇人→一〇〇年後二八九人
(憲政史編纂会収集文書所収)
 
このまま皇族が増えすぎると大変なことになる、と政治家も宮内省も憂慮していたのである。
明治三一年、伊藤博文は遂に天皇に意見書を提出する。
世に言う「皇室一〇(七)箇条の意見書」である。その中にこの皇族増加の制限がある。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。