2018年01月21日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

「誰が何と言おうと二重権威になる」 村田春樹

「誰が何と言おうと二重権威になる」
村田春樹
 

秋篠宮殿下のおことば一二月八日、終に御譲位の日付が閣議決定された。平成三十一年四月三十日御退位、翌五月一日御即位となった。一週間ほど前、秋篠宮殿下はお誕生日の会見で、記者から「譲位に伴う二重権威」について質問され、以下のように述べられた。
 
「陛下は元々譲位をするときには、それまでされていた国事行為を始め、全ての公的な活動を次の天皇に譲るという気持ちを持っておられました。そのことからも、そういう二重権威という言葉が適当であるとするならばですが、心配する若しくは危惧するという向きがあったとしても、そういうことはあり得ないと私は、それははっきりと言えます。」もちろん「二重権威になる恐れがある。」などとお答えするわけも無い。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。