2017年10月17日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

民社人生に悔いなし 第一回「小6で民社好きに」 元民社党広報局次長 大学講師 寺井 融

寺井融 北海道出身です。斜里郡小清水(しゃりぐんこしみず)町生まれですが、小中高と札幌で育ちました。小学生の頃、父は中小企業勤めでした。貧しい暮らしで、一般の家は雪国ですのでトタン屋根でしたが、わが家は柾葺き。水道もなくてポンプでした。母は、脊髄カリエスにかかっていて、自宅で四年間、寝たきりの生活です。

 一番、嫌だったのは、給料が遅配のときなど、月末に集金がくると「いま、誰もいない」と嘘を言うことです。中学生になった頃、父が大企業に移り、生活が格段に良くなりました。嘘をつかなくて済むのが嬉しかったですね。

 小学校六年生の一月二十四日に民社党が結党した。「この党だ。俺は大人になって、民社党に入ろう」と思いました。「福祉国家の建設。全国民の中産階級化」などを、子供こころに支持したと言えば、格好いいんでしょうけれども、実は父の影響です。安部磯雄さんを尊敬していて、西尾末廣びいきでしたから。民社党ファンだったのです。

 

 

 

 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。