2017年10月19日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

47年前にお示しになられていた天皇陛下の”皇室のあり方”についてのお考え「ロボットでなければならないこともあるが、それだけではいけない」

%e7%9a%87%e5%a4%aa%e5%ad%90%e6%ae%bf%e4%b8%8b%e3%81%94%e4%b8%80%e5%ae%b6%e5%86%99%e7%9c%9f

47年前の8月、皇太子時代の天皇陛下は、「皇室のあり方」について、お考えをお述べになられており、当時のやまと新聞が記事として取り上げていた。

記事が掲載されたのは、昭和44年8月14日付やまと新聞2面。
同年8月12日、やまと新聞を含めた宮内庁担当の記者団が、軽井沢でご静養中の皇太子殿下ご一家を訪問し、ご結婚以来10年の思い出話や、将来の皇室のあり方について、皇太子殿下のお考えを伺っていた。

当時の記事と紙面の画像を掲載する。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。