2017年09月22日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

筆は剣よりも危うし 第五回「奉祝と追悼の12月23日」 三澤浩一

天長節一般参賀に参加した筆者(写真中央)

天長節一般参賀に参加した筆者(写真中央)

 12月23日は天長節である。今上陛下の御誕生日であり、今日では「天皇誕生日」という祝日となっている。

 皇居一般参賀が実施され、今上陛下の御誕生日をお祝いし、御健康と御長寿をお祈りするため、多くの参賀者が馳せ参じた。今年は3万8500人と、平成の御代となってから、最多の人数となった。たしかに皇居見物という不届きな輩もいるのだろうが、そんなに目くじらを立てず、皇室に興味を持っているだけでも、良しとしたい。また家庭や職場などでも、今上陛下の御誕生日をお祝いし、御健康と御長寿をお祈りしている人々はいるはずだ。洵に喜ばしいことである。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。