2017年07月21日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

自民二階幹事長、都議会自公連立に拘る必要ないとの認識示す

20日、自民党の二階俊博幹事長は、都議会公明党が、議員報酬に関する法案を巡り都議会自民党と対立したことから、都議会における自公連立を解消することを明らかにしていることについて、国政と都政は別物であり、都議会自公連立に拘らない考えを明らかにした。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。