2017年07月22日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

自民党北鮮ミサイル問題に関する会合で、二階幹事長のメンツ丸つぶれ 党内における北朝鮮ミサイル問題と、国民の生命を守ることへの関心の低さ浮き彫りに 自衛隊による先制攻撃の議論も

自民党・二階俊博幹事長(Photo/松原 久)

自民党・二階俊博幹事長(Photo/松原 久)

24日、北朝鮮が、潜水艦発射弾道ミサイルを、我が国の防空識別圏内に打ち込んだ事案を受けて、自民党本部において、北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部が開催された。

会議冒頭、北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部長を務める、自民党・二階俊博幹事長は、次のように述べ、北朝鮮のミサイルに対する党内国会議員の関心の低さに対し、不快感を露わにした。

「自民党の熱意はこんなものではないと思うが、今日は、このことを受け止めて反省して、メンバーチェンジも含めて、北朝鮮のこの問題に対する対策に関わる議員をきちんと決めたいと思う。こんなことなら会議を開くには及ばない。政府も今日のことは、普通のことだと思わないでほしい。今日は異例のことだ」

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。