2017年11月19日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

8月27日、日韓財務対話 英国EU離脱問題、日韓通貨スワップ協定再開議題か 日韓合意は、日本国民の血税を、韓国に垂れ流すためのものではないか

外務省ホームページより、岸田文雄外務大臣(右)と、尹炳世(ユン・ビョンセ)韓国外交部長官(左)

外務省ホームページより、岸田文雄外務大臣(右)と、尹炳世(ユン・ビョンセ)韓国外交部長官(左)

27日、財務省は、8月27日に、韓国・ソウルにおいて、日韓財務対話を開催することを発表した。

日韓財務対話は、財務省と韓国企画財政部の幹部が参加し、両国経済の状況及び世界・地域経済の見通し等について意見交換を行うものだ。

具体的には、英国の欧州連合(EU)離脱問題に伴う金融市場の動向や、日韓通貨スワップ協定再開などが議題になると見られている。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。