2018年08月16日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

翁長雄志沖縄県知事のご逝去に伴う自民党二階俊博幹事長のコメント

9日、自民党の二階俊博幹事長は、翁長雄志沖縄県知事の死去を受けて、コメントを発表した。

内容は以下の通り。

翁長雄志沖縄県知事のご逝去に伴う二階俊博幹事長のコメント

翁長沖縄県知事のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。

翁長知事とはご令兄様とのご縁から親しくさせて頂きましたが、沖縄が抱える諸課題に対し、命がけで取り組まれる知事のお姿に、政治家として人間として通じるものを常々感じていました。

私が沖縄を訪問する度に、知事は温かく出迎えて頂きました。知事公舎の庭に「世界平和」を願い、ブーゲンビリアの木をふたりで植えさせて頂いたことは忘れられない思い出です。また、沖縄の将来を担う若者に希望をという翁長知事の切なる願いから、「世界津波の日 高校生島サミットin沖縄」を共に開催出来たことも印象深い思い出です。

自由民主党は、戦後の日本の多くの課題を背負っている沖縄県の発展のために、常に県民の皆さまに寄り添いながら、全力を尽くすことを改めてここに誓います。

翁長知事のご冥福を心からお祈りいたします。