2018年08月16日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

代表就任予定の松沢氏 新生「希望の党」は改憲姿勢鮮明に

新生「希望の党」の代表に就任予定の、松沢成文参議院議員(写真中央)

1日、新生「希望の党」の代表に就任予定の松沢成文氏は、超党派の国会議員でつくる「新憲法制定議員同盟」の集会に出席し、分党に至った理由を説明した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。