2018年08月16日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

共産党機関紙「赤旗」は23日付の1面で、下村博文元文科相が22日、セクハラ問題で更迭された福田淳一財務事務次官とのやり取りをテレビ朝日の女性記者が録音し週刊誌に渡したことについて、「ある意味で犯罪だと思う」と発言したと報道した。下村氏は同日、謝罪のコメントを発表した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。