2018年05月28日(月曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

「中国による臓器移植を考える会」設立記念シンポジウム開催 地方議連も同時に発足

シンポジウムの司会を務めた佐波優子氏(Photo/松原 久)

23日、参議院議員会館において、「中国における臓器移植を考える会(加瀬英明代表/略称:SMGネットワーク)」設立記念シンポジウムが開催された。

中国では、思想信条の理由で捕らえられた「良心の囚人」から生きたまま臓器を抜き取り、共産党幹部とその一族、国内外の富裕層の需要に応じて提供する臓器移植ビジネスが横行しているという。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。