2017年12月17日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

大西宏幸衆院議員、サンフランシスコ市慰安婦像問題に関する大阪自民党批判に反論「政府が、問題解決取り組む中、地方議会が決議などの行動取れば、国益損ねると判断した結果」

24日衆院内閣委員会で質疑に立った、大西宏幸衆院議員(Photo/松原 久)

自民党の大西宏幸衆議院議員(大阪1区)は、大阪市の姉妹都市、米国カリフォルニア州サンフランシスコ市における慰安婦像の問題で、大阪自民党の対応に批判が上がっていることについて反論した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。