2017年10月22日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

家族会飯塚代表 政府に対し、拉致問題解決早期に結果出すよう求める「もう待てないというのが実状。とにかく早くしてほしい」 

参院の拉致特に参考人として出席した飯塚繁雄家族会代表(Photo/松原 久)

10日、参議院で北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会が開かれ、参考人として出席した、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)代表の飯塚繁雄さんは、北朝鮮情勢が混沌とする中、核・ミサイル問題等が話題として取り上げられ、拉致問題が埋没することへの危機感を露わにし、政府に対し拉致問題で早期に結果を出すよう求めた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。