2017年09月22日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

長嶺駐韓大使、自民党会合で韓国情勢報告 朴大統領罷免に伴う反日親北政権誕生の可能性について言及なし 勇気を持って、朝鮮半島情勢の緊迫した情勢報告を

長嶺駐韓大使が会合に出席したことから、会議室の外では、会合の内容を聞き取ろうと記者がドア付近に集まった。(Photo/松原久)

15日、自民党本部で外交関連の会合が行われ、長嶺安政駐韓大使が出席し、韓国の情勢報告を行った。

長嶺氏が会合に提出した資料には、韓国の政治状況について、朴槿恵大統領の罷免や、文在寅(ムン・ジェイン)前共に民主党代表をはじめとした次期大統領候補の支持率世論調査の数字は出されているものの、人物像に関する記述は全くない。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。