2017年10月19日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

自民・青山繁晴参院議員、拉致被害者救出のための包括的な能力を備えた部隊編成の必要性訴える

 

自民党・青山繁晴参議院議員(Photo/松原 久)

2日、参議院予算委員会に自民党の青山繁晴議員が質疑に立ち、朝鮮半島有事を想定し、北朝鮮に囚われた拉致被害者救出のための包括的な能力を備えた部隊編成の必要性を訴えた。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。