2017年07月22日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

【速報】民進蓮舫代表公職選挙法違反検査審査会申し立て受理を確認 二重国籍に絡む公選法違反を国民目線で審査へ 

民進党蓮舫代表(31日参議院本会議 Photo/松原 久

民進党蓮舫代表(31日参議院本会議 Photo/松原 久

1日、保守系市民団体「愛国女性のつどい 花時計」(岡 真樹子代表)が、同団体が、昨年11月に東京地検に提出した、民進党蓮舫代表が二重国籍者であることを知りながら、選挙公報に「台湾籍から帰化」と記載したことは、公職選挙法の虚偽事項公表にあたるとした告発が、不起訴処分となったことは不当であるとして、検察審査会に審査申し立てを行った件について、検察審査会が、1月27日付で受理していたことがわかった。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。